マクドナルドが実はまだまだ優秀な理由

マクドナルドの業績不振、赤字の話が世を賑わせています。

私の家の近くのマクドナルドもどんどん閉店しています。

ここだけは潰れないだろうと思っていた店が、

結構潰れていて、その重症度は一般市民でも感じます。

それだけ見ると瀕死状態なのではないかと思いますが、

実は優秀らしいのです。

まずは、負債比率が50.8%で資金調達力が強いこと。

銀行からの融資条件がすばらしく、銀行から信用されている現れです。

また、FC店舗率が原田体制で、30%から70%になって、

ロイヤルティ収入の割合が大きくなり、

経営安定につながっているとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加