背番号3のイメージ

背番号3といえば、なんといってもミスターでしょう。

今後も、ミスターを超える背番号3のイメージの選手は出てこないのではないでしょうか?

西武時代の清原の人気・実績を誇っても、ミスターの背番号3像は超えられないというより、足元にも及ばない感じがあります。

そ うは言っても、背番号3がダメな人が多いかというと、そうではありません。むしろ、背番号1と並んで、チームの顔がつける番号で、そして中軸を打てるバッ ターが多いです。ピッチャー・キャッチャーで背番号3はあまりみたことがありません。やはり圧倒的な人気と実力を持った人に与えられるからでしょう。

団塊ジュニアの世代は、長嶋さんの背番号3に憧れて、野球をはじめてサードで背番号3を目指したのではないでしょうか?

長嶋茂雄さん以外で、記憶に残っているのは、先程も書いた西武時代の清原和博。無冠の帝王と言われながらも堂々の成績。引退後のお騒がせもありましたが、それにしてもすばらしい記録です。その後、中島が背番号3を担い、チームの顔として活躍しました。

その西武では、中島がメジャー挑戦後、浅村栄斗が背番号3への変更を打診されましたが、背番号3に相応しい選手になってからと本人が固辞したということがありました。それぐらい西武の背番号3は重い番号なのでしょう。

中日は立浪が1年目から引退まで背番号3を付けていまいた。やはりドラゴンズファンとしては、立浪のイメージが強いでしょう。ただ、引退後の背番号3の扱われ方はぞんざいなような気がします。

阪神は、代打の神様・八木裕がレギュラーでバリバリ活躍していた時からつけています。その後関本がつけていました。現在は空き番号です。代打の切り札のイメージがやや強いかもしれません。

広島は、山本浩二と広島黄金時代を引っ張った鉄人衣笠祥雄がつけ、永久欠番となっています。

ヤ クルトは、ミスターの血を引く長嶋一茂が父親と同じ背番号3をつけていました。巨人に移籍するまで背番号3をつけていましたが、輝かしい成績を残すまでは いきませんでした。その後、オマリーやラミレスなど強打の外国人がつけましたが、その後は福地、現在は西浦とイメージがガラッと変わりました。

横浜は、スーパーカートリオの高木豊が長年つけたあとは、短い期間で次々と変わっています。梶谷はつけ続けることができるでしょうか?

ソフトバンクは、三冠王松中信彦が長年つけ、現在は空き番号となっています。

日本ハムは、長年白井一幸が付けて、その後落合や秦がつけていましたが、今は田中賢介が長年つけています。田中が海外MLB挑戦した時も、球団は他の選手に付けず、田中復帰を待ったというのも良い話です。引退までつけることでしょう。

ロッ テは、古くは西村が付けて盗塁王、今はサブローです。謎の巨人移籍などもありましたが、すぐに戻ってきて再びサブローが背番号3をつけています。そのサブ ローが巨人にいた時に、工藤隆人が背番号3をつけていたのも謎です。背番号3のイメージがなかったので、多くの人が違和感を覚えたのではないでしょうか?

オリックスは、安達了一が1年目からつけていますが、阪急時代に遡ってもなかなか定着しない番号かもしれません。安達がどれぐらい頑張るでしょうか?

楽天は、吉岡の後はずっと外国人選手が背番号3をつけていますが、どの選手もぱっとせず、毎年のように選手が変わっています。今年もゴームズが付けて、すでに退団しています。縁起が悪い背番号かもしれません。

現役選手

・ソフトバンク:松中信彦

・日本ハム:田中賢介

・ロッテ:サブロー

・西武:特殊番号(清原和博、中島裕之)

・オリックス:安達了一

・楽天:空き(ゴームズ、すでに退団)

・ヤクルト:西浦 直亨

・巨人:永久欠番(長嶋茂雄)

・阪神:空き

・広島:衣笠 祥雄

・中日:高橋 周平

・DeNA:梶谷 隆幸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加