背番号2のイメージ

背番号1とは打って変わって、背番号2は脇役イメージ。

大スターが少ないように思います。

高校野球だとキャッチャー番号だからでしょうか?

内野手、ユーティリティープレイヤー、スーパーサブ、たまにキャッチャー。

そんな感じでしょうか?

背番号1や背番号3と比べるとちょっと地味なような感じ。よく言えば、いぶし銀のスーパーサブ。チームにいないと困る的な選手。あとは守備の名手。

巨人だと、青い稲妻・松本匡史からの簑田浩二で、俊足外野手というイメージでしたが、元木大介がつけてからは、小坂、小笠原、井端、脇谷と内野イメージに変わってきましたね。

阪神は、なぜか背番号2をつけて華々しい活躍をした選手が見当たりません。城島ぐらいでしょうか?若手につけられることも多いので、今つけている北條に期待したいところです。

中日は、古くは田尾がつけて活躍していました。その後、尾上、岩本、バンスローと内野手がつけて、今つけている荒木が長年背負っています。引退までつけ続けることでしょう。

広島は、個人的には高橋慶彦のイメージが強いです。打って走って守れてかっこいい。広島の顔でした。その後、東出輝裕が長年つけていましたが、高橋慶彦は超えられなかった感じですね。今つけている田中広輔に期待しましょう。

ヤクルトは、相川亮二、大引啓次とFAで獲得した選手が連続してつけています。球団としては特に思い入れもない番号なのでしょう。今後も都合よくつけられそうな感じです。

横浜は、内川が出て行ってしまったのは残念。残っていたら、永久欠番並の活躍も期待できたのではないでしょうか。

オリックスは、阪急時代からそうですが、やや小物感が否めません。レギュラー番号ではないということですね。

西武も、俊足で守備の上手い人のイメージが強いです。こちらもレギュラー番号ではないですね。

ソフトバンクは、南海時代のドカベン香川からの城島とキャッチャーの系譜でしたが、今は今宮がつけてしっかり自分の背番号として活躍しています。

ロッテは、なんといってもバレンタイン監督がつけていたのが印象的。他の選手は、活躍して背番号2をつけるも背番号2をつけてからはぱっとしないイメージがあります。

日本ハムは、小笠原が背番号2で大活躍しました。キャッチャーがつけたり内野手がつけたり、最近は流動的な番号ですね。

楽天は、ぱっとしないイメージですね。近鉄時代は、伝説の男・栗橋茂が強烈な記憶を植え付けています。鈴木貴久もいてまえ打線を牽引しました。

2016年現役役選手

・ソフトバンク:今宮健太

・日本ハム:杉谷拳士

・ロッテ:根元俊一

・西武:金子侑司

・オリックス:原拓也

・楽天:吉持亮汰

・ヤクルト:大引啓次

・巨人:脇谷亮太

・阪神:北條史也

・広島:田中広輔

・中日:荒木雅博

・DeNA:ロペス

背番号2のイメージ結論

・いぶし銀

・守備の名手

・内野のユーティリティープレイヤー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加